顔のシミを増やさない生活をしよう!

顔のシミを増やさない生活とは?美白ケアについて考えてみよう!
MENU

シミを増やさない生活

顔のシミを増やさない生活

20代の頃はどんなに不摂生な生活をしたり夜ふかしをしても肌に影響が出ませんでした。
きめ細かで透明感のある綺麗な肌だからファンデーション付けなくてもいいわねと周りから羨ましがられました。

 

私は子供の頃からアレルギー体質と化粧品アレルギーでもありました。
極度の敏感肌なので顔に刺激物は一切受け付けませんでした。

 

化粧水や乳液、ファンデーションや口紅を使用すると翌日顔が赤くただれてしまうのです
とにかく刺激に弱い肌なので顔に日焼け止めを塗ることも出来ませんでした。

 

どんなに真夏の日差しが照りつける日や海水浴に行った日でも、私の肌は常に無防備だったと思います。
そんな生活を続けていると、30代半ば頃から肌に変化が現れました。

 

まず気になったのは目の下の小じわとおでこのシワでした。
毎日のお手入れが簡単な洗顔だけなので保湿が足りなかったのが原因だと思います。

 

そして致命的な肌のトラブルが現れたのは40代に入ってからでした。
左頬に直径5ミリくらいの大きくて濃いシミが出来てしまったのです。

 

若い頃に日焼け止めクリームを顔に濡れなかったから、蓄積された紫外線がシミとして出てきたのだと思います。
今更後悔しても1度シミが出来てしまったら、もう2度と取り返しが付きません。

 

最近では日差しが強い時はなるべく日陰を歩いたり日傘でガードするようにしています。
これからはシミを増やさないように気を付けて生活するように心掛けようと思います。

 

できてしまった顔のシミ

30代の二人の子持ち主婦です。下の子が幼稚園に通っています。幼稚園はバスもあるのですが、節約のために歩いて通園しています。

 

うちは山の上にあるので、帰りが登り坂でゆっくり子どものペースで帰ると一時間かかります。夏の日差しの中では肌にかなりのダメージです。

 

日傘をさしていても焼けます。服で隠れているところ以外は真っ黒になります。それが原因かどうかは分かりませんが、最近、肌に薄いシミのようなものができました。

 

はっきりした色ではないのですが、二センチくらいの丸いものです。あぁついにこの時が来たかと思い、かなりのショックを受けました。それなりに丁寧にスキンケアをしていたつもりでした。

 

しかし、日光はすべて防げるものではありませんし、何しろどんなに日焼け止めを塗っても、大量の汗が出て流れてしまっているような気がします。私は日焼け止めが、種類によっては肌に合わないで顔にブツブツが出来てしまうので、何でも塗るというわけにはいきません。

 

出来てしまったシミはそう簡単には消せないと思いますので、これ以上増やさないために、まずは日光を避けまくる事に徹していきます。美白効果のあるスキンケア用品も今以上に駆使していきたいと思います。

 

顔のシミ対策ならロスミンローヤルが1番おすすめ

このページの先頭へ