30代からのエイジングケアについて

30代からのエイジングケアについて詳しくご紹介しています。
MENU

気づけば顔にできたシワ

20代の頃、張りのある滑らかな肌を見て、いったい30代の肌を本当に想像できたでしょうか。
テレビの中の女優は美しく、雑誌の中のモデルを見て、自分もそんな風に年を取っていくものだと勘違いしていなかったでしょうか。

 

特に人よりちょっと美容の知識があり、ちょっと頑張ってきた人にとっては、よりその思いは強いと思います。
30歳になったころ、20代の頃と変わらない肌を見て安心しました。それから1年、2年と経ち、ちょっとした顔の変化に気づき始めました。

 

鏡で見る顔はいつも通りなのに、電車の窓ガラスに映る自分の顔やふとした瞬間写真に撮られた顔を見るとたるんでいるのです。
意識している時は口角が上がって頬も上がっているし、口もとのしわも笑顔でごまかされています。

 

しかし、無意識の時の顔こそ本来の顔です。自分では若い、きれいだと思っていた顔は確実に老化し始めていました。
まずたるみから始まった老化ですが、35歳を目前にしてシワも現れ始めたのです。

 

目元の笑いジワや口元のシワは注意して見ていたのですが、ある日おでこにできた横ジワを発見した時愕然としました。
おでこにシワができるのはもっと後のことだと思っていたからです。イメージとしてはおばあちゃん。あまり若い人では見たことないからです。

 

つまり、おでこの横ジワはいっきに老けた印象を与えてしまうのです。
そしてちょっと美容の知識がある人ならば一度できたシワをなくすのはとても難しいことを知っています。
私のおでこにできたシワはよく見ないと分からないものです。化粧で十分隠せるもの。それでもとても大きな恐怖心が芽生えました。

 

本気のエイジング対策

 

風邪だってかかってから治すより、かからないようにうがい手洗いする方が簡単です。
ダイエットも太ってから痩せるより、太らないように規則正しく3食食べて適度に動く方がよっぽど簡単です。

 

エイジングケアも同じこと。できてしまったシワをとるよりできないようにする方がずっと簡単なんです。
シワのできる原因の20%は老化、80%は外的要因と言われています。紫外線や生活環境、ストレスやお手入れなどといったすべてのことです。

 

だから、なるべく早いうちに対策をとるべきなのです。
若いことに油断して紫外線対策をしなかったり、無茶な夜更かしをするとそれは後になって必ず返ってきます。

 

逆に頑張ったことには自分の肌は必ず答えてくれます。
30代になってちょっとした老化のサインに気づいてからでもそれから頑張れば老化のスピードを遅くできます。

 

まずは基本の予防です。
紫外線はすべてのトラブルの原因です。

 

どんな短時間の外出でも日焼け止めは必ず塗ります。
部屋の中にいても窓から紫外線は入ってくるので、朝なるべく早く顔を洗ってスキンケアの流れで日焼け止めまで塗ってしまいます。

 

基礎化粧品もエイジングケアできるものに変えます。クリームまで使うのが理想的です。
乾燥もたるみやシワの原因の一つです。エイジングケアできる化粧品は、エイジングケアの成分だけでなく優れた保湿効果を備えているものが多いです。

 

それを決められた量、たっぷりと使うことが大切です。
薬は処方箋通りきっちり飲むのに、どうして化粧品はメーカーが推奨している量をきちんと使わない人が多いのでしょうか。

 

いくらいい成分が入っていても使い方を間違うと全く効果がないというのに。
紫外線から肌を守り、きちんとしたスキンケアをする、そしてしっかり栄養と睡眠をとること。

 

簡単そうで忙しい30代には難しいことです。しかし、無駄なことをしている時間って意外とあるんです。
スマホで漫画を読んでいる時間、ゲームをしている時間、その時間を野菜炒めを作る時間にできます。

 

老化に対抗するには本気で挑まなければならないんです。
テレビの中の美しい女優、雑誌の中のモデルはそうやって努力をしているのです。

 

ちょっと美しい30代でいたいのならば、まずは本気で頑張るぞっていう気持ちが大事なのです。

 

このページの先頭へ