顔にできたシミは消えるの?

顔にできてしまったシミを消すことは出来るのでしょうか?
MENU

顔にできたシミ対策について

ロスミンローヤルで顔のシミ対策

顔のシミが気になりだしたのは、40歳に入った頃からです。小さいシミが頬のあたりに一つできていたのですが、年数とともにドンドン大きく濃くなり、数も増えてきました。そうなってから初めてシミへの対策を考えるようになりました。

 

これまでは、日焼け止めを塗ったり日傘や帽子をかぶるということすらいい加減にしていたのですが、外出時には日焼け止めを塗り、日傘はUVカットに変え必ず持つようにしました。そして市販のビタミン剤を飲んだり飲まなかったりですが、一応対策をしたところ、増えなくなった気はしていました。しかし、年齢とともに増えていたようで、気づいた時は鏡をみることが憂鬱になるほどでした。もっときちんと対策を丁寧にすることが必要だと感じ、日焼け止めは朝起きて顔を洗うとすぐにつけるようにしました。

 

部屋にいて窓からの紫外線も影響すると聞き、日中はカーテンを閉めたりUVカットのものに変えました。手の甲にもぽつぽつできてきていたので、外出時には手袋もしています。それと同時に形成外科に行き、塗り薬を処方してもらい、夜寝る前にきちんとつけるようにしました。

 

数か月後お薬が効いたのか、シミは薄くなり数は減ってきているように感じます。最近は紫外線が強くなっていますので、これからも続けることが大切だと思っています。

 

顔のシミが気になり出してから、日差しを気にし始めました

昔から、美容に関しては無頓着だった私ですが、年相応に彼氏ができたりすると、化粧もするようになります。けれども、20代後半あたりから、化粧をすると肌がパリパリと乾燥し、痒みも出てきました。

 

その辺りから、あまり化粧はしなくなっていったのですが、化粧をしないと、肌の違和感はあまり感じられず、結婚して子供も産まれると、さらに化粧もする時間がなくなったのもあり、特別の日以外は化粧をしなくなりました。

 

ある日、いつものように、出かける前に鏡で顔を見ると、ほっぺの端っこあたりにシミのような跡を見つけました。すごくショックだったので、隠したいのですが、化粧は肌に合わないので使いたくありませんでした。
そこで、シミの原因になる日に当たらないように、日傘を購入して使ってみることにしました。これで、紫外線の約70%はカットできるとのことです。また、日焼け止めは肌に塗ると、私の場合、肌が乾燥してしまいボロボロと剥がれ落ちてしまったため、顔にはあまりつけず、腕や足に塗る程度でした。

 

夏場の子供の自転車の送迎時には、帽子と腕には日焼け予防のストッキングをしていました。あと気をつけていたのは、帰ってからトマトを食べることでした。リコピンが、シミの原因になる、メラニン色素を抑制してくれるそうです。

このページの先頭へ